AGA治療薬の効果とは?

 

AGA治療薬の効果や副作用について解説

 

薄毛、脱毛に効果のあるAGA治療薬ですが、基本的には医師に診断してもらった後に処方してもらいます。その種類には大きく分けて2種類があり、症状に合わせて併用されたりします。まず1つ目に挙げられるのはフィナステリドという成分が含まれた飲み薬です。フィナステリドは元々前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使われていたのですが、使用していくうちに治験者の毛髪が濃くなるといった作用が確認でき、AGAの治療にも効果があるということがわかったのです。

 

髪の毛が生えるメカニズムですが、通常は毛の根元にある毛包の底にある毛乳頭が指令を出して毛母細胞を分裂させます。これが正常な状態なのですが、男性ホルモンの一種であるテストロテンが5αリダクターゼとい酵素と結合するとジヒドロテストステロンに変化します。これが毛乳頭にある男性ホルモンレセプターと結びくと正常な働きが阻害され、発毛サイクルが短くなってしまうのです。結果として太く立派な毛髪になる前に抜け始め、どんどんと薄毛が進行していくのです。フィナステリドはテストロテンと5αリダクターゼの結合を抑制する働きがあるので、服用することにより抜け毛の進行を食い止めることができるのです。

 

もう1つとして挙げられるのはミノキシジル成分が入った治療薬です。これは血管拡張剤として開発され、高血圧の薬として用いられていました。こちらも使用していくうちに多毛症などの副作用が確認されたことから再研究の後にAGA治療薬として発売されることになりました。飲み薬と塗り薬がありますが、日本では塗り薬の方が一般的です。

 

薄毛で悩む人には大変ありがたい2つのAGA治療薬ですが、実は複数の副作用があり、フィナステリドでは勃起力の低下や精子減少といった性機能不全、うつ病や倦怠感などの精神的なもの、肝機能障害などが少数ですが認められ、ミノキシジルの方では低血圧や不整脈、頭のかゆみ、頭痛、じんましんなどがやはり少数ですが確認されています。実際に使用するにあたり医師にしっかりと診てもらい、処方後も体に異変がないかどうか自分でもチェックしていくことが重要となります。