男と女の違い

 

男性の薄毛の原因と女性の薄毛の原因

 

髪はその人の印象を決める大切なポイントです。それだけに、髪が薄かったり弱弱しかったりすると、全体的に老けて見えてしまいます。薄毛や抜け毛は男性の悩みだと思われがちですが、実は女性でも薄毛や抜け毛に悩まされている人は多くいます。男性に起こる脱毛症を男性型脱毛症(AGA)、女性に起こる脱毛症を女性男性型脱毛症(FAGA)と言います。この二つは原因は同じですが、メカニズムや症状が違うため、それぞれ区別されています。特に女性にとって髪は大切なものです。悩みを解決するためにも、正しい知識を身に着ける必要があります。

 

脱毛症の根本的な原因は、男性ホルモンテストステロンにあります。これが還元酵素によってジヒドロテストステロンに変化し、髪を伸ばす発毛細胞に影響することで薄毛が発生します。女性も少量ですが男性ホルモンを持っているため、同じ原因で脱毛が起こります。しかしそのメカニズムが違います。男性の場合は、年齢と共に還元酵素の働きが活発になり、ジヒドロテストステロンが増えて薄毛が進行します。一方女性の場合は、女性ホルモンが髪に与える影響が大きいため、男性ホルモンの効果を強く受けることはありません。しかしこの女性ホルモンの分泌量が減少することで男性ホルモンの効果を受けるようになり、薄毛になります。

 

症状の現れ方も異なります。男性の場合は、まず頭頂部や額の生え際の髪が薄くなることが多いです。また、放置しておくとどんどん進行するのも特徴です。対して女性は頭全体の髪が薄くなります。また、女性ホルモンの減少が原因ではあるものの、ゼロになるわけではないので、ずっと進行し続けると言うことはありません。解決策にも違いが出ます。男性の場合、ジヒドロテストステロンを作り出す還元酵素の働きを抑えるという治療法を取ります。対して女性の場合は女性ホルモンの減少を解消することで治療を行います。女性ホルモン薬を使うこともありますが、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを活用することも多いです。

 

このように、男性と女性の脱毛症にはいろいろな違いがあります。