自毛植毛にも種類がある?

 

自毛植毛の費用の相場は?おすすめのクリニックは?

 

自毛植毛とは、自分の髪の毛を移植することですが、いくつかの種類があることは意外と知られていません。以前からある施術法は、メスを使い、側頭部や後頭部の元気な髪の毛が生えている部分を切り取り、気になる部位に移植するという方法です。この方法は、メスを使うことで患者さんへの負担が大きく、髪の毛が生えてくるようになっても傷跡が残ってしまうなどのデメリットがありました。FUT法はメスを使う代表的な方法です。現在多くのクリニックで使用されている施術で、髪の毛の状態によって株を分けて、適切な場所に埋め込むという治療です。高い技術力が必要になりますが、日帰りで手術ができ、定着率もいい方法です。

 

最近ではメスを使わない自毛植毛が主流になりつつあります。その一つがニードル法で、その名の通りニードル、つまり針を使って頭皮に穴を開けながら移植していきます。移植用に用意した髪の毛の株を、1本ずつ押し込んでいくために、時間と手間がかかる方法ですが、黒くて太い毛質の日本人に向いています。傷跡も目立たないというメリットがあります。ただし、ニードル法は押し込む際に頭皮がダメージを受けやすく、あまり使われなくなってきました。

 

FUE法は専用のパンチを使い、植毛用の毛根をくり抜いて移植するという方法です。パンチが毛根を傷つけないように、非常に高い技術が求められる治療で、移植はひとつひとつ手で埋め込んでいきます。メスを使わないために、切開や縫合をすることがなく、患者さんの負担を抑えることができますが、担当医の力量によって成果が大きく変わってしまいます。より小さなパンチを使い、自然な生え際にするマイクログラフト法も基本的には同じ考え方で治療が行われています。

 

日本では、FUT法とFUE法の二つを行っているクリニックが多く、症例数もたくさんあるために、結果が出せる治療として安心して受けることができます。髪質などに合わせて治療することが大切です。

 

神戸の方はこちら⇒神戸の薄毛治療で信頼できるAGAクリニック

自毛植毛したら周りに気づかれない?

 

自毛植毛の費用の相場は?おすすめのクリニックは?

 

薄毛をコンプレックスに感じて周囲の目が気になっている方が世の中にはたくさんいます。
何とか悩みを解消するために、かつらを着けたり育毛剤を使用したりする方も少なくないでしょう。
しかし、かつらの場合は入浴や強風で外れてしまう可能性がありますし、何より不自然でいつ周りの人に気付かれるか分かりません。

 

育毛剤の使用も必ずしも全員に効果が現れると言った保証はありません。
そこで考えられるもう一つの薄毛解決法に植毛と言う方法があります。
植毛と言えば主に人工の毛髪を頭皮に植えるイメージがありますが、植毛にはもう一つ自毛植毛と言う方法があります。

 

その名前の通り自分自身の毛髪を植え付ける自毛植毛は、自身の側頭部や後頭部の残っている髪の毛を切り取って髪の毛の薄い部分に植え付ける方法ですが、従来の人工の植毛に比べ仕上がりが自然で、何より自分の毛髪を植え付けるので施術後の拒否反応がなく、自然になじんでくれます。
人工の毛髪は自身の髪の毛と全く同じではないので、見る人によっては何だか不自然だなと感じてしまうかもしれません。

 

特に生え際などは不自然に仕上がってしまう可能性が高く、周囲の人に気づかれる場合もあるかもしれません。
その点自毛植毛は自身の髪の毛を使用しているので、生え際も自然に仕上がり周囲の人に怪しまれる事もないでしょう。

 

また、自毛植毛は人工の植毛と違い、抜け落ちてもまた新たな髪の毛が生えてくるので髪の毛が減っていく心配もありません。

 

人工の植毛に比べると費用は少し高めですが、アフターケアーがほとんど必要ない事を考えれば自毛植毛の方が経済的と言えるのではないでしょうか。

 

自毛植毛も一回の施術で髪の毛がフサフサになる訳ではありませんし、効果が現れるまで施術後何ヶ月かの期間を要する場合がありますが、自身の髪の毛がまた生えてくれるのならそれほど嬉しい事はありません。
薄毛に悩んでいる方は、自毛植毛を検討してみてはいかがでしょうか。

自毛植毛の施術は痛い?痛くない?

 

自毛植毛の費用の相場は?おすすめのクリニックは?

 

男性型脱毛症、いわゆるAGAに悩む男性は多いです。育毛の効果のある商品が数多く販売されたり、AGA専門の治療院も増えてきています。AGAは、男性ホルモンの影響が大きいといわれておりМ字型や生え際の後退、などといった特徴があります。AGA治療の基本的な方法は、薄毛の進行を食い止める薬の服用です。薬によって毛母細胞を活性化させ、発毛する環境を整えます。また、AGAの原因として生活習慣の乱れが影響することもあるため、同時に生活習慣を整えるということも行っていきます。ただ、その人の症状や原因は異なるため、数ある薬の中から適切なものを選んで治療を行う必要がありますし、効果を感じるまでに時間がかかります。

 

他にも植毛という方法があります。自毛植毛は自分の頭皮にある毛を症状のある部分に移植するという治療です。AGAの場合、後頭部の毛は男性ホルモンの影響を受けないといわれ、薄毛や脱毛の症状が出ていないことが多いです。その後頭部に生えている毛を移植するのです。皮膚ごと移植するため、一度植毛して定着した毛は永久的に生え続けます。これが自毛植毛のメリットです。移植する際には部分麻酔が施されます。ですから麻酔を打つ際の注射の痛みはあるものの、手術中は痛みを感じることがありません。

 

現在主流となっている方法は、切らずに毛髪を採取する方法なので、自然な仕上がりが実感できます。手術後は頭皮がチクチクと感じる人もいますが、麻酔が切れても痛みがあることは少ないです。植えた本数は確実に毛が残るため、1回で効果を実感しやすい方法でもあります。手術は1日で完了し、入院する必要もないため、他人に知られずに手術を行うことができます。自毛植毛は世界各国で行われており、日々技術が進化しながら日本でも注目されています。施術場所によって自毛植毛の方法が異なる場合があるため、自分の症状に合っているかどうか、適切な診断をしてくれる治療院に相談することがおすすめです。

自毛植毛の術後の注意点と通院時の診察内容について

自毛植毛は手術後約2週間のケアが髪の毛を定着させるために必要な期間です。術後のケアを行なわないとかさぶたが取れることが遅くなったり、感染症を起こすことなどもあります。
自毛植毛の術後ケアでの注意点はいくつかありますが、その中でも洗髪がとても大切です。

 

手術の翌日の夜から洗髪が可能です。移植した部分にシャンプーは使用せず、弱い勢いのシャワーやコップに入れたお湯などで濡らす程度にします。移植し部分以外は、刺激の少ないシャンプーで優しく洗っても良いですが、お湯などで薄めたシャンプーで洗います。乾かす際には、冷風か温風なら30cm以上は離して使います。

 

術後1週間からは、移植した部分にシャワーをあて、十分に濡らし、指で優しく洗います。この時期はかさぶたが剥がれ始めますが、無理に剥がすことは避けます。移植した部分以外は通常通りに洗髪して大丈夫です。術後2週間後にはいつもの洗髪ができます。

 

洗髪以外の術後の注意点は、術後は飲酒すると痛みが出やすくなるためアルコールや、喫煙は定着率を悪くするため術後1週間程度は控えます。術後5日後からウォーキングなどは可能で、1週間目以降からゴルフなどができるようになります。また、ジェルなどを使用することは術後1週間以上たってからで、パーマやカラーリングは1ヶ月控えます。
自毛植毛は定着するとメンテナンスは必要ありませんが、術後には通院が必要です。

 

通院は抜糸のためと傷口の様子や移植した毛が定着しているかを確認する必要があるのです。メスを使用して髪の毛を移植した場合は、メスで後頭部などの頭皮を切り取って縫合せます。術後10日?2週間程度を目安に縫合せた部分の抜糸が必要です。自然に溶ける吸収される糸を使用して縫合せている場合には抜糸は必要ありません。また、メスを使用せずに極細パンチで頭皮をくり抜く方法で施術をうけた場合には自然に傷はふさがるため、糸で縫合せることはないため抜糸はありません。通院回数は、クリニックによって通院する回数は異なりますが、通常は3回程度は通院することになります。

人工植毛と自毛植毛の特徴・費用の比較

植毛と一口に言っても、実は大きく分けて2種類の方法が存在します。

 

それは、人工毛を移植する方法と自分の髪の毛を利用して移植する方法です。

 

人工毛での移植の場合、化学合成繊維でできた人工毛を薄毛が進行した部位に植え付けていく方法で、増やしたいだけ増やすことが可能なのがメリットです。

 

しかし、人工毛は化学繊維であるため頭皮が拒否反応を起こし、移植しても1〜2年ほどで抜け落ちてしまうので定期的なメンテナンスが必要となります。

 

また、拒否反応により炎症や皮膚トラブルを起こしやすいので、植毛先進国であるアメリカではすでに行われていません。

 

一方、自毛を利用した移植は、現在多くの植毛専門クリニックにおいて行われている方法で、後頭部や側頭部などの男性ホルモンの影響を受けにくいとされる部位から健康な髪の毛を採取して、それを頭頂部や前頭部などの薄毛が進行している部位に移植していきます。

 

もともと自分の細胞だったものを移植するので定着率が良く、一度手術を行って発毛してしまえばその後は自分の髪の毛として普通に過ごすことが可能であり、面倒なメンテナンスも必要ありません。

 

費用については、基本治療費と移植する本数で算出され、人工毛の移植の方が自毛植毛に比べて費用が安く済むことがあります。

 

移植する本数にもよりますが、人工毛での植毛の場合は一本の移植が200円程度なのに対して1、自毛による移植は一本400〜900円前後が相場と言われています。

 

人工毛にしろ自毛による移植にしろ、薄毛の進行状態が深刻であればあるほど、費用は高額になると思われます。

 

ただ、メンテナンスの有無を考えれば、一度発毛してしまえばその後はメンテナンスが不要になる自毛植毛の方がランニング区コストが借る人工毛に比べると一生涯にかかる費用は少なくて済むと考えられます。

 

実際に植毛手術を受けたい人は、まずは無料カウンセリングなどで相談するのが望ましいでしょう。

更新履歴